バスで帰ってくる日は深夜の為、タクシー等は恐らく無い。歩いてホテルへ帰る道を辿りながら、予行演習。

歩きながら、この一日に起きた事を朝から回想してたら、胸がいっぱいになっちゃって、何だか涙ぐんできた。

でも、泣くのはまだ早いよね。ちゃんと帰国の為の渡航書をゲットして、この地に再び帰って来た時までとっておこうっと。

まぁ、でもそん時はケロっとして鼻歌歌ってるかもです。

今回の件で一緒に来てる方やそのお友達には心配かけたけど、別行動だった為、全て一人で対処したり戦った事。あたしは自分でちと誉めてあげようかなぁ♪

あ、そうだ長期滞在ってことは下着類も足りなくなる。そうと決まったら洗濯洗濯!元気を取り戻しつつあるあたしです。

終わり