中田英寿選手が昨晩9時に引退を発表した。

日本でもワールドカップがこれだけ盛り上がってる中、どちらかというとサッカーにはもともと興味を示さないあたしも、

日本代表がブラジル戦に負けた後、彼がピッチに倒れ込んで仰向けのまま中々起き上がらず、カメラが寄ると溢れる涙を拭おうともせず、天を仰いで泣いているのが見えた。

とっても意外だった!

悔しかったとか、力が出し切れなかったとか、そんな単純なモノではないであろう事は手に取るように分かったが、さらにもっと意外だったのは、立ち上がった後の何だか晴れやかな笑顔だった。

その時、彼もこんな可愛い顔するんだなぁって…
(あ、遠い昔見たような…)

公式ホームページnakata.netがパンク状態だったので↓こちらで引退発表の全文を読ませて頂きました。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2158930/detail

あの日のピッチの事、そして今までの彼のサッカー人生の全てがどんな報道よりも饒舌に、そして全てに辻褄も合い、読んでるうちに自然に号泣してしまいましいた。

マスコミが挙って報道している、引き際の美学や彼らしい引き際だなんていう、チープな言葉じゃ表現しきれない、彼の純粋なサッカーへの思いに打ちのめされた、引退発表でした☆


そうそう(まだあたしが前のお店『ポセイドン』に居た遠い昔の話)
ペルーじゃへ移籍直前の、もうすでに有名選手だった頃、岡野(野人)雅行選手に連れて来られた中田選手に、サッカー音痴のあたしが

お互い自己紹介の後
『ヒデくんは何屋さんなの』って問いに
「サッカー選手です」って答えてくれて
『え、じゃサッカー上手いの?』ってとんでもない(今から思えばね)質問にも
笑いながら
「まぁまぁです」って言ってくれた、あの時の笑顔は忘れられないし、先日また思い出しました♪

あたしも月並みな言葉しか浮かびませんが、ただただ、本当にお疲れ様でした!

また、次に世界でのご活躍を祈っております☆
hide