あなたの…

『日常』じゃなく

『特別』でいたい