五年前の今日…

12月22日の夜日に日々悪くなる体調の中、それでも痛み止めを飲むと頭痛は治まるので、準備をして出勤

数週間のうちに左半身の自由が徐々に利かなくなってきていて、靴下や下着が履きにくい

きちんと着たつもりのシャツもボタンを掛け違えていたり…(本人は気付かず)

出勤途中の自転車の運転を誤って植え込みに突っ込んだり

葉千子を始め周りの人も自宅にて休むように勧めるも、年末の忙しい時に女将が休んでる場合じゃ無いわと強硬に出勤を続けるあたし

しかしあの夜

そんなあたしの顔色を見て血相を変えて、すぐに家に連れて帰らなきゃダメだろって語気を荒げたお客様がいた

それが杉浦貴選手

顔にも、もう麻痺が出ていたんだとかそれを見た彼は、何でこんな状態で仕事してるのかと…

多少お酒も入って足許も覚束ず一人では帰れない状況だったから彼が自宅まで送ってくれることに

急いで出た彼は店に上着を忘れてきて、タンクトップ一枚の格好で左手にあたしの荷物(リュック)を持って、右手であたしを抱きかかえるような形で二丁目の仲通りを歩く

それを見た二丁目のオネエ達は「ヒューヒュー、お熱いわぁ」って…

どうもタンクトップのマッチョ兄貴が年上のおじさんを酔わせてお持ち帰りに成功したのと間違えたらしい

こんな状況なのに笑わせてくれるわ

そして徒歩2〜3分の自宅マンションの部屋の扉の前まで送ってもらいました

そんな事があって、あたしの状況を葉千子が会社側に報告、急遽24日に精密検査を受ける手配がされたの(23日は祝日だから応急処置しか出来ないから)

あの日杉浦選手があたしに気付いて、無理やり連れて帰ってくれなかったら…どうなっていたか

だから、彼はあたしの命の恩人なんです

あれから五年かぁ早いような遠い昔のような…

翌23日は一日自宅で寝ていたようなんだけど、記憶が曖昧で次の24日にはもっと容体が悪化していて…

会社が手配してくれていた病院までに辿り着けず、出来るだけ近くの病院にって事で飛び込みで入って(結果としてそれが良かったんだけど)

…とまだまだ波乱や奇跡的な話は続くんだけど、それはまた別の機会に


まぁ、そんな事を思い出した2009年の12月22日の昼下がりでした